hiroshima

「怒りと悔しさ、そして切なさが、後押ししてくれたのだと思います」。俳優の渡辺美佐子さんに、原爆の朗読劇を34年間続ける原動力を与えたのは、広島で犠牲になった同級生の存在だった。
「命には限界がある。先延ばしすることでそれ(亡くなること)を望んでいるのではないか」。
「新型コロナウイルスという人類に対する新たな脅威は、悲惨な過去の経験を反面教師にすることで乗り越えられるのではないでしょうか」
被爆アオギリの下で被爆体験を伝えた故・沼田鈴子さんのメッセージを伝える映画。制作への支援を呼びかけている。
この夏、原爆ドームに次いで爆心地から近い二つの建物が、相次いで大規模な「衣替え」をした。
国は激しく降ったとされる大雨地域に限って援護の対象としてきたが、それ以外の地域の人に手帳の交付を認める今回の司法判断は、戦後75年の節目に、国の援護行政のあり方を厳しく問うものといえる。
世羅容疑者は21日、広島市南区松原町の居酒屋で、自称高校教諭の知人男性を引き倒したうえ、腹や頭を数回蹴り、拳で顔面を数回殴るなどした疑い。
県警によると、住宅に土砂が流入するなどし、この住宅に住む女性(84)と男性(55)と連絡が取れていないという。
雨が降り出す時間は暗く迅速な避難は難しい時間帯。自治体の避難情報をこまめに確認し、可能な限りの対策を講じてください。