hitorikkoseisaku

海外の患者を受け入れなければ、“成功率が先進国最低”の日本の不妊治療は、衰退するばかりだ。
ピラミッド型の人口動態の崩れにより、高齢化のスピードが加速。
これまでの社会の安定を目指した政府の策と、新たな世代の就職への意識には多少隔たりが出てきている気がしてならない。
戸籍を持っていない中国国民は何十年も、2級市民として生活してきた。
ベビーフードメーカーの株価は急伸したが、勇み足だったかもしれない。
中国が29日、「一人っ子政策」の撤廃を決めたことで、米国への政治亡命が認められる中国移民の数が減る可能性があると、法律専門家は見ている。
中国共産党の党中央委員会第5回全体会議(5中全会)が29日閉幕し全ての夫婦について、第2子を持つことを認める方針を示した。
中国の40歳代の友人は会うたびに車が変わる。彼らの世代では、ブランド力と品質を兼ね備えた、海外のトップメーカーの車に乗ることが最高のステータスであるようだ。一方、その下の世代の20~30歳代では、様相が異なる。
中国共産党の指導部が、人口増加に歯止めをかける手段として長いこと称賛してきた「一人っ子政策」。だが、同政策が強制堕胎や幼児殺害、児童売買の温床となっているとの批判の声も上がっている。