hitotsubashidaigaku

ゲイを暴露された学生が転落死した事件の民事訴訟。遺族側の控訴は棄却され、大学側の責任を認める判決にはならなかったが、遺族らは「一つの成果」と受け止めたという。
「大学側の義務違反は認められない」とした2019年2月の東京地裁判決を支持し、控訴を棄却した。
一橋大学の学生が、身近な人から受けたジェンダーに関する質問をまとめた本を出版。ドキッとするような、率直な質問に向き合った。
「二度と同じような悲しい出来事が一橋大学で起こらないようにしたい」。その思いが形になりました。
原告の訴えを全て棄却しますーー。 鈴木正紀裁判長が淡々と話すと、傍聴席にはため息が漏れた。 ゲイであることを同級生に暴露(アウティング)された一橋大の法科大学院生(当時25歳)が、2015年8月に校舎から転落死した事件。学校が適切な対応をし
「息子を無くしたことがいちばんショックなことだ。息子が同性愛かどうかなんてショックなことでもなんでもない」
同性愛者であるという秘密を、本人の同意なく、第三者が暴露することを「アウティング」と呼ぶ。
一橋大学の法科大学院(ロースクール)で学んでいた男子学生がキャンパス内で転落死した日からもうすぐ2年になる。
教育機関は、証拠に基づいた研究を基盤としている。対照的に、ヤノプロス氏は単に逆説的であるためだけに他者の信念に異議を唱えているようにみえる。
同性愛者であることを同級生に暴露された後、2015年に転落死した一橋大学・法科大学院生の男性(当時25)の遺族の裁判に関して4月19日、代理人の南和行弁護士らが司法記者クラブで会見を開いた。
事件当日に彼を受け入れた宿のオーナーとして、数か月経った今、改めて「旅の安全」について皆さんにお伝えしておきたいことがあります。
どうしても私が伝えたいのは、これは決して特別な事例ではない、という事だ。
約50人が集まり、「他人事ではない」と、亡くなった男性に祈りを捧げた。
「この件は『ロースクールに同性愛の学生がいるとは思いませんでした』では済まない話です」(原告代理人弁護士・南和行氏)
この報道を受けて、人々はどう思ったのか。
一橋ICSがホスト役となり、11月15日土曜日に日中韓のビジネス・スクールで形成するアライアンスの年次シンポジウムが、一橋大学一橋講堂で催される。