hokatsu

大学の保育室に子どもを預け、希望した社員が組織の課題解決や経営学の視点を学べるという。
10月から始まる幼児教育・保育の無償化。「浮いた分を別のところに」と新設園に寄付しました。日中の長時間を保育園で過ごす子どもたちが楽しく遊び、成長してくれますように。
カリフォルニア州の平均コストは年間1万6000ドル(約178万円)で、夫婦の収入の18.6%だ。
「安心できる保育園」を増やすためにできること、立場や肩書きを越えて一緒に考えませんか?
「3歳の壁」にぶつかるのは、東京都練馬区で最大371人、板橋区では296人もいる。
今、まさに何をすればいいのかが明確にわかります!
「この人たちと一緒に子育てしたい」。その気持ちはどこから来たのだろう?
「『生きるか死ぬか』以外で『保育の質』が問われないのは寂しい」