hyogen

言葉を用いて説明する際、情報を待ち構える側が微動だにせずに、自分のお気に入りの情報、そして、わかりやすい情報だけを得るようになった。
2019年、日本は「表現の自由」に揺れた。日本人が自ら規制し、表現の自由の萎縮を生んでいる「見えない何か」の正体とは? 『春画と日本人』が私たちに語りかけるもの。
インターネットメディアのなかで「伝える」は放置されてきた。取り戻すために必要なこと。
「『あいちトリエンナーレ』関連ツイートを見ると、炎上に関連してツイートしているのは元々特定の主張がある人たちが、それまでと同じような主張を繰り返しているようだ」(東京大学大学院・鳥海不二夫准教授)
今後心に留めておきたい「対話における3つのポイント」が見つかった。
「これさえやっていれば大丈夫」という人生の正解はなくなり、一人ひとりが自分らしさを発揮し、自分の道を生きることが新しい“正解”になっていきます。
「表現の自由」をめぐる「常識」が逆風にさらされている。それは、一体、どこから吹いているのか?
中国本土では共産党の検閲を受けたものを除き、香港デモについて報道することはできない。黄さんはこうした現状に批判を強めていた。
「表現の不自由・その後」展は、アート好きなリベラルの“敗北”に終わっていいのか?
「家族に連帯責任を求めて犯罪を抑止しようという理論は、現実に成り立たないと思います」と訴えています。