hyogen

中国本土では共産党の検閲を受けたものを除き、香港デモについて報道することはできない。黄さんはこうした現状に批判を強めていた。
「表現の不自由・その後」展は、アート好きなリベラルの“敗北”に終わっていいのか?
「家族に連帯責任を求めて犯罪を抑止しようという理論は、現実に成り立たないと思います」と訴えています。
コロンビア大の歴史学者、キャロル・グラックの新刊『戦争の記憶』が、慰安婦問題とも絡み話題になっている。彼女は学生との対話を通して何を伝えようとしているのか?
超実写版映画「ライオン・キング」のキャラクターに、アニメ版のキャラの顔を合成した動画が話題になっている。「全編を修正してほしい」という声があがる一方、「映画の目的を損なっている」という反論も投稿されている。
映画『サーチ』では、アジア人が空手のプロでもオタクでもない、ただの「主人公」としてキャスティングされ話題になりました。
母親の育児を描いたおむつのCMは、なぜ炎上したのか。養殖ウナギを少女に擬人化した「ふるさと納税」のPR動画は、なぜ削除されたのか——。
人と違ったっていい、自分らしくあっていい。そんなメッセージを発信する写真。
しばらくの間、ぽかんとしていた。だけど、それからずっとずっと生で見たかったアイドルたちがステージに登場しても、私はなんだか凍りついたように動けなかった。
お互いに「表現」という共通点はありますが、たどってきた道が違うので面白い化学反応が生まれるんです。