hyogennofujiyuten-sonogo

「何の研修も受けず、ノウハウのない人が電話を受け続けると、気がめいってしまいます」。危機管理の観点から専門家に対策を聞いた。
ネット上などで「自由に表現したいなら自分のお金でやれば」「国をおとしめるような展示を税金でやるべきじゃない」という意見をよく見かけました。どう考えたら良いのか、憲法学者に聞きました。
「8月1日にスタートしたときの展示が全面的に再開するのが我々実行委のミッション」と話した。
審査委員によると、文化庁から「事務的な審査であるため、文化庁内部で決定した」と説明を受けたという。こうした対応に対して、文化行政の専門家による署名集めが始まった。
「私たちが求めるのは暴力とは真逆の、時間のかかる読解と地道な理解への道筋です」