ianfu

日を追うごとに悪化していく日韓関係。政治について話すことは、ボタンひとつで出来るリツイートと違って、とても緊張するものだった。
コロンビア大の歴史学者、キャロル・グラックの新刊『戦争の記憶』が、慰安婦問題とも絡み話題になっている。彼女は学生との対話を通して何を伝えようとしているのか?
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展の一つ「表現の不自由展・その後」に抗議が殺到し、3日目で中止になる事態に。アート界の専門家はどう見たのか。
「性奴隷」の表現を使わないとした非公開の合意があった。韓国の外相直属の検証チームが主張
ヘイトスピーチが実に多く、ネット言論の劣悪さを自ら体験することになった。
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、慰安婦問題について日本の公式謝罪を求めた。