ichiro

イチロー選手は、一つ一つの質問に、言葉を選びながら、噛みしめるようにゆっくりと答えた。目が少し赤いようだった。
菊池雄星「小学3年生の時のイチローさんのままで、心臓をばくばくさせながらお話しさせていただいた」
数々の伝説を残したイチローが、現役を退く決断をしました。
3089本のヒットを色別に表現。ホームに近い場所に落下したヒットもあった
「アメリカで活躍するイチローの姿に、心躍らせ、勇気をもらっていた。不世出の選手だと思います」
イチロー選手から「頑張れ」と一声かけられると、感極まった様子で下を向いた。