iemen

映画『わたしはヌジューム、10歳で離婚した』は、中東・イエメンの児童婚の悲惨な現実を描いている。自身も児童婚を経験したイエメン人女性監督ハティージャ・アル=サラーミーさんにインタビューをした。
「自分は記者じゃないしとか自分は関係ないとか思っていると、そのうち後悔することになる」
「恐ろしい事態です」
「この港が混乱に巻き込まれたら、飢饉を防ぐための活動は重大な危機を迎える」
「私たちはもはや、時間との闘いの最中にある」
有志連合がイエメンの港を奪還すれば、大規模飢餓という代償を払う可能性がある。
「ハワイ州は、歴史上、憲法上の両方で決して差別をしてこなかった」
新しい大統領令は、トランプ政権にとって大きな政治的敗北を意味する。