imf

20カ国・地域(G20)首脳会議は16日、首脳宣言を採択し閉幕した。 議長国オーストラリアのアボット首相は、今後5年間で域内総生産(GDP)を2.1%ポイント引き上げる行動計画で合意したと表明。
ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、世界経済、とりわけデフレに直面しているユーロ圏経済が大きなテーマのひとつとなった。
自殺率は過去20年以上、韓国社会に生じた陰を象徴的に示す指標だ。20年間の韓国の政策が彼らを自殺に追い込んだのかもしれないのだ。破られた約束を取り戻すことはできるだろうか?
[ワシントン 30日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は30日、ウクライナに対し総額170億ドルの融資枠を設定することを理事会で承認した。 支援プログラムの期間は2年。混乱の続くウクライナ経済を支援する。
金曜日(1月24日)の日経平均は304円安で終了した。一方、その後のニューヨーク市場も318ドルの大幅安で終わった。前日(23日)発表された中国PMIが半年ぶりに50を下回った事(チャイナリスク)、23日から24日にかけてアルゼンチン・ペソ、トルコ・リラ、南アフリカ・ランドなどが急落した事が市場に暗い影を落としたからである。
IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。2014年における世界全体の実質成長率はプラス3.7%となり、2013年(3.0%)と比較して成長が加速するとした。米国の経済成長が著しいことが主な要因で、米国は2.8%の成長が見込まれている。
ハフィントンポスト各国版12月3日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日は、ドイツ版からお伝えします。ドイツでは、ナチスの後継を自認する「ドイツ国家民主党」の活動を禁止すべく、再び連邦憲法裁判所へ申し立てが行われます。
国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局長のアヌープ・シン氏は11日、ロイターとのインタビューで安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」のこれまでの成果を評価するとともに、今後の構造改革推進に期待を示した。
15〜39歳の独身女性の3人に1人が専業主婦になりたいと望んでいる、という厚生労働省が行った若者への意識調査の結果に、海外メディアが注目している。仏フィガロ紙は「日本人女性は働くということを思い描かず、若者のわずか4分の1しか海外で働きたいと思わない」と伝え、「世界の一方の果てでは“女性は家にいて、男は仕事をする”という図式が良き時代として流れている」と報じた。