inbaundo

京都のインバウンドの中心地は、むしろ洛外にある。
「観光客の非日常」と「地域住人の日常」の両立が大きな課題になってきている。
訪日富裕層の「若者世代」は何を求めているのか
国内外に京都ファンが多い。祇園祭にまつわる穴場を紹介したい。
日本が「観光大国」になるには、「昭和の観光業」の考え方を捨て、観光には「多様性」が必要だという事実を受け入れることがどうしても必要です。
日本が外国人も集う多様性に満ちた国になるのは素晴らしいが、目下のところ色んな国から集まっているという訳ではない。
越境ECによる日本からの購入額は直近3年間でおよそ3倍にまで増加しており、米国の消費者の越境EC購入額のおよそ2倍の規模に相当している。
山本幸三・地方創生相が4月16日、滋賀県大津市で開かれた地方創生に関するセミナーの中で、「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」と発言し、波紋を広げている。
日本が訪日客「4000万人」時代を実現するには、インバウンドと同時に、アウトバウンドの推進をおろそかにしてはならない。
大阪を観光した韓国人観光客が様々なトラブルを報告し、日韓のメディアで大きく報じられるケースが相次いでいる。
私は京都に住居を置いているが、この街も社会の細部までインバウンドの波が浸透している。先日…
民泊予約との相性がよい周辺分野への事業展開を加速させる狙いがあると考えられます。
世界に発信すべき、21世紀における日本の資源について話し合いました。
年間2300万人が訪れる鎌倉市。IT企業や地元の自治体が取り組むインバウンド対策について取材した。
PRESENTED BY LENOVO
①会議等の場での日本の存在感の低下と、②日本に関心を持ち、日本製品・サービスを信頼するという人々の増加、というコントラストは非常に印象深いと感じている。
「渋谷がやらなければ、日本中が変わらない」(Zeebra氏)