inobeshon

「コンピュータ化し、通信機能を持った時計」ではなく、これまで世の中になかった「スマートウォッチの再定義」をぜひ追求していただきたいものです。そう考えていくと、感動され、共感され、また日本の時計産業を大きく進化させるアイデアも生まれてくるのではないかと思います。
わが国がイノベーション大国として復活を遂げるためには、戦後〜高度成長期に有していた起業文化の価値をあらためて見つめ直す必要がある。イノベーションの源泉は大企業そのものではなく、エッジの効いたベンチャー精神にあることを肝に銘じるべきだ。