iran

イランは長きに渡る日本に取っての友好国である。同時に、イラン問題が重篤化し、その結果ホルムズ海峡が火と機雷の海となればタンカーが航行不能となり、日本が輸入する原油の80%が供給不能となってしまう。そうなれば、日本経済は良くて半身不随、下手するとショック死もあり得るのではないかと危惧する。
ハフィントンポスト各国版11月11日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ハフィントンポスト・イタリア版では、脱税の罪で、議員資格剥奪を審議されているベルルスコーニ元首相の独占インタビューを掲載しています。インタビューの中でベルルスコーニ氏は、自身の議員資格剥奪を採択することは「法の支配」に反しているとともに、人権の侵害であると主張しています。
日本はイランに、原発建設で協力する用意があると、外務省スポークスマンが話した。イランにおける各問題の解決に、日本の役割が問われている形だ。
イランで8月に就任したハッサン・ロウハニ大統領は米国との雪解けを図っているが、これに憤慨する保守派は「Down with America」(米国を倒せ)と称する芸術コンテストを始めた、と『ザ・タイムズ』紙が報じている。コンテスト参加の条件は、「『悪魔の大王』による帝国主義の偽善性をうまく表現した」作品を創ることだ。
イランのハサン・ロウハニ大統領が行っている大げさな平和キャンペーン。これに対して懐疑的な目を持つのに外交の博士号を持っている必要はない。
ニーナ・シャカディ・モラディ氏は、イラン北西部にあるカズビーン市議会の議員として当選した。しかし、議員にはなれない可能性が高い。
写真集『Iranian Living Room(イランのリビングルーム)』(価格:34ユーロ)は、ベネトングループの一部門であり、イタリアのトレビソに拠点を置く「コミュニケーション・リサーチ・センター」であるファブリカが企画した編集プロジェクトシリーズの第一弾だ。
「Fars News Agency」が8月12日(現地時間)に伝えたところによると、8月3日にイランの大統領に就任したハサン・ロウハニ氏は、新内閣の副大統領として女性を指名した。
イラン司法権は、不公正な裁判で有罪とされ、2013年7月に判決を通知された、スーフィー教団の11人に対する容疑を取り消し、判決を撤回すべきだ。現在収容中の人々は即時無条件に釈放されるべきである...
イランの核開発問題をめぐって、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥(ゆきや)事務局長は3日、定例理事会で過去10回に及ぶ同国との協議でも成果がなかったことを報告、「(議論は)は堂々巡りに陥っている」と危機感をあらわにした…
外国人の訪問者が最も多い国はフランスかもしれないが、だからと言ってフランスが最も人気の高い国というわけではない。BBCが毎年行っている国別世論調査の結果によれば、「世界に対して最も良い影響を与えている国」の称号を今年得たのはドイツだった。
北朝鮮が2008年、ロケット弾の起爆装置を中国・大連経由でイランへ輸出しようとしたが、途中で第三国に検査を受け、押収されていたことがわかった。国連安全保障理事会の制裁決議で、北朝鮮とイランはともに武器の輸出入を禁じられている。対北朝鮮制裁決議の履行状況を監視する専門家パネル(委員団)が、最新の年次報告書で明らかにした。