ishi

「戦いの最前線」へ癒しの味、届け。ニューヨークの日本人シェフ、島野雄さんが一人で徹夜で仕込み、届けるのに仲間の手を借りた。今後も続けていく
パンデミックになった現場での治療----。地獄のような生活は思いもよらぬ形で終止符が打たれました。7日夜、大好きなインドカレーを食べているときに味覚が無くなっていることに気がつきました。
感染拡大が広がる中、不確かな医療情報を医師が発信することに対して批判が上がっている。
“Drまあや”さんは、脳外科医とデザイナーの2つの顔をもつ。彼女を貫くのは、子どもの時に決めた「面白く生きる」という軸だった。
新型コロナウイルスの対応にあたっていたという情報も
この仕事が新たな世界に通ずることを祈り、真っ白に砕け散るクナール河の、はつらつたる清流を胸に、来たる年も力を尽くしたい、と語っていた
医師の残業をどこまで認めるか、議論が盛り上がっている。この議論の主眼が「医師の働き方」にあるとはいえ、患者視点が皆無だ。世界の議論から20年以上遅れている。
24時間365日医師として生きている父のことは一生理解できないと思っていました。
介護現場のスタッフと現役医師を気軽にチャットでつなぎ、介護現場での医療的な困りごとを解決する「ドクターメイト」。