isuramukyo

イスラム教徒として初の幕内力士の大砂嵐、東京の日本外国特派員協会で会見、親方を尊敬し、両親や友人、そして母国のために頑張ると語り、「横綱になる夢を持ち続ける」と力を込めた。
2011年に始まったアラブの春と呼ばれる一連の民主化運動は、多くが頓挫しているが、唯一チュニジアだけが民主化のプロセスに成功しつつある。その背景には経済成長の重要性があるようだ。
千葉市の熊谷俊人市長が、千葉市にムスリム(イスラム教徒)街を設置したいとする考えを示した。
シリアの戦災地で食糧事情が切迫する中、イスラム聖職者たちは、「犬や猫、ロバを食してもよい」とする「ファトワ」(イスラム法学上の勧告)を発令した。