izonsho

関西薬物依存症家族の会が、なんらかの支援に繋がっている、薬物問題を抱えた家族169人を対象に実施しました。
2018年に覚せい剤を所持していたなどとして起訴。槇原被告は「ここ数年は使っていません」と主張した。
スポーツ経験者の依存症アンケート。10%が「スポーツを辞めたことで依存症を発症した」と回答している。
これからますます進んでいくだろうSNS社会。SNSとの距離感を今のうちに習得しておくのは、今後の自分に物凄く影響してくるのではないだろうか。
現在は薬物依存症の啓発に繋がる活動を行う高知東生さん。ドラマでは、青木さやかさんや、元AKB48の鈴木まりやさんと共演する。
大阪・東京では相次いで店名が公表され、千葉県松戸市では市長が直接店を訪れるパフォーマンスも。
外出自粛で、アルコールやギャンブルなど依存症の当事者グループの活動がストップ。「孤立が再発につながらないように」と、依存症から回復した人たちがZoomで集まる取り組みを始めた。
アルコール依存症問題に取り組んできた斉藤章佳さんは、「日常生活が脅かされたストレスへの対処行動として、飲酒量が増える人がいるだろう」と注意を促す。
会員の実話をもとに、依存症者の家族がどう対応すればよいか解説した。
全国的な議論を呼んだ条例が可決。賛成・反対の立場の専門家や進め方を疑問視する団体に聞いた。