janarisuto

「捜査するジャーナリスト」と呼ばれた黒木昭雄さんの死から10年。黒木さんが最期まで追い続けた「岩手少女殺害事件」、直前まで一緒に取材をしていた長野智子さんが、その真実に迫ります。
もどかしさや葛藤、経済的な壁は常にある。それでもこの仕事を続けてこれたのは、「人との出会い」があるからだ。
処分を撤回するよう求める記者らからの声明が発表され、その後処分は解除された。
「ネットに蔓延するフェイクニュースは実はそれほど大きな問題ではなく、それよりもむしろ、既存のメディアが間違った情報を垂れ流してしまっていることの方がもっと恐ろしいのではないか」。
たとえそこに「命の危険」があったとしても、異議申し立てのハードルは極めて高い。
ジャーナリストを殺しても、記事を殺すことはできない。
「ジャーナリズムの思想」などの著書で知られます。
事件はロシアの民間ラジオ局「モスクワのこだま」で起こった。