janarizumu

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(理事長・船橋洋一)が、新たな賞を創設した。
2020年は、自殺報道のあり方について大きな課題を見つけた一年でしたが、今後報道はどう変わるのでしょうか。
離れてしまった読者の心をもう一度つなぐ、西日本新聞から地方紙に広がる「あなたの特命取材班」はどうして誕生したのか。そこに、報道の未来がある。
喜怒哀楽を刺激するニュースは、そこそこのページビューと引き換えに、二項対立で問題を単純化することによって分断を促す、という問題点があることが科学的にも示されている。
少し前までの楽観的なインターネットの可能性論は大きく後退し、フェイクニュースという言葉が流行する中で、コロンビア出身の大作家の文章論に耳を傾けてみよう。
ニュース組織の経営が厳しくなるなか、財政支援や寄付金によって運営される非営利のニュース・メディアの良い点、悪い点とは?
「読者」から「貢献者」に。彼らと「より深い関係」をつくる仕組みを紐解きます。
伊藤詩織さんは著書「Black Box」の中で「すべての努力はジャーナリストになるために」と記していました。
「単純化されたことでこぼれ落ちる個人的な感情がこの世の中に残らないとしたら、それはやっぱり良くないと思うんです」
「これが許されると、人道や医療に関わる人が現地に行くことも国から妨げられることに...『ジャーナリストだけの問題ではない』」