japan lgbt

「差別は心の問題ではなく、排除されること」。乙武さんの指摘。
これこそが私の”理想”の“多様な”空間だな、と開催を重ねる度に強く感じる。
韓国最大のプライドイベント「クィア・カルチャー・フェスティバル」には、同国の政府機関も参加した。
その瞬間、魔法がかかる。
トルコのイスタンブールで女性たちが、より伝統的な衣装の着用を求める男性たちの暴力や要求に反対するデモ行進をした。
差別もある。偏見もある。理不尽で、悔しい思いに唇を噛みしめる当事者が、いまなお多くいる。
「自認する性に応じたトイレを使いたい」トランスジェンダーの願いを阻む知事に、ユニークな方法で疑問を呈した。
「今、本当に幸せです。カミングアウトしたことを誇りに思っています」
私たちは、もっと誇りに思っていい。私たち一人ひとりの存在を、もっと誇りに思っていい。
日本のメディアにおけるLGBTの取り上げ方にはいくつもの問題点がある。
韓国で4番目に人口が多い大邱市で6月24日、街の至るところでレインボーフラッグが翻った。『2017大邱クィア・カルチャーフェスティバル』が開催されたからだ。
メルケル首相が、同性婚合法化に道を開く発言をしてからわずか数日後の急展開だった。
2人は1992年に初めて会った。彼らの歩みは歴史になった。
セルビア首相に指名された政治家がレズビアンであることを理由に、議会の承認を得られない可能性が出てきた。
プライド月間の6月、SNSには子供たちをサポートする親たち姿が投稿されています。
アメリカ・オレゴン州に住むトランスジェンダーの男性が、男性のパートナーとの間に第1子を妊娠したことが明らかになった。