jinkenshingai

「中国を名指し」とされた議員連盟から、形を変えて成立を目指す「人権制裁法」。しかし、その形はまだ固まりきってはいません。
世界から激しい批判を受けている中国の深刻な人権侵害の問題の一つ、“ウイグル族への弾圧”。実はこの弾圧に、我々日本人も関わっていることをご存じだろうか。
南スーダン政府ならびに反政府勢力の指導者たちが、殺害やレイプ、強制追放といった重大犯罪を阻止せず、また加害者の責任も問わないでいる。
2016年だけで少なくとも90人が強制失踪させられたことを明らかにしている。
資金拠出の停止は、女性が緊急に必要としているケアを受けたり、自分自身の選択に関する情報を受け取るために欠かせないリソースを台無しにしてしまう。
既に王座を掴み取った金正恩は、海外に追放されて権力と距離をおいたまま暮らしている兄・金正男をなぜ殺さなければならなかったのか。
トランプ大統領は、「紛争鉱物」に関する情報開示義務を一時的に停止する大統領令を検討している。
マスコミ機関は当然謝罪して補償するべきですが、侵害された小保方さんの「権利」が即イコール「人権」ではありません。