jinko

2016年まで続いた「一人っ子政策」の影響で少子高齢化が加速しているとされたが、0歳から14歳までの子どもの占める割合は増加したとした。
在宅勤務の増加により、これまで職住近接を重視して都内に住んでいた人が移住するケースや、ゆとりのある住環境を求めて郊外に移住するケースが増加する可能性も。コロナ禍は、生活の場としての東京の魅力を変えるのか?
若年層の人口動向は、賃貸住宅需要をはじめ不動産需要に大きな影響を与えています。
50年後には人口が大幅に減少し、「働き手」が激減することは明らかだが、われわれはこの推計結果をどのように読み解くべきだろうか。
政府は閣議決定で、人口「一億人」は日本の豊かさの象徴的な数字とし、経済成長を維持するためには「一億人」を維持する必要があるとしています。
国全体として人口減少が続くなか、地域独自の魅力を高め、移住希望者の発掘や移住後の定住につなげていくことができるか、地域における創意工夫が問われている。
東京圏の人口の増加ペースはこの数年上がってきている。
ちきりん氏が「次の50年で4500万人 減るということ」という記事ブログで書いていた。それに触発されて、私もこのところ考えていたことを書いてみようと思う。
日本では、合計特殊出生率が低い状態が長期間継続している。今後、一貫して出生数が減少し続ける。このため、20歳から64歳の現役世代が減少し続ける。
少し工夫するだけで、世界の見方はこんなにも変わる。