joho

皮膚で聞く━━。触覚を使った情報伝達技術「ハプティクス」が熱い注目を集めている。すでにゲームのコントローラなどに実装された触感再現のみならず、応用研究も進んでいるが、この分野で存在感を見せるのがFacebookだ。
「情報を受け身で待っているのではなくて、自分から情報を取りにいって読み解く力を付けることが重要」。気象予報士の千種さんは「気象リテラシー 」を身に付ける重要性を説いています。
刻一刻と変化する新型コロナウイルス感染拡大の現状や制度の情報を外国人の友人に英語で説明すると、「それは知らなかった」と驚かれるのだ。
日本人が自国を「スパイ天国」と揶揄するとき、そのニュアンスはどこか楽天的だ。五輪開催が迫る今、本格的なサイバーセキュリティの意識改革が必要だ。
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは他社との連携が活発。次世代プロダクト・サービスを開発する上で、情報・通信の知見が求められている。
PRESENTED BY エン・ジャパン
シリア情勢は、「フェイクニュース」をめぐる情報戦の様相も呈している。
文字や画像を伝えるために、コンピューターがどう働くのか、その中にこびとがいると想像してみよう。
「信頼できる医療情報を求めている人たちは多くいるので、コンセプト自体が間違っているとは思っていません。ただ、記事の作り方や監修が問題でした」
気軽にメディアを作れるようになった今だからこそ、その情報の正確さやモラルなどを考えていかないといけない段階に来ているのではないだろうか。
「担当する児童福祉司(≒児童相談所のスタッフ)によって、子どもの待遇や、ときに運命までも変わる」と言いますが...
東日本大震災と原発事故についての発信を、私は良かれと思って発信したけれど、それによって人を傷つけてしまった経験がありました。
人々がときに冷静さを失うのは、ひとえに情報不足が原因です。
これを読めば、シンガポールがもっと身近になること間違いなし。シンガポールのリアルな情報がまとまっているWebサイトをご紹介します。
これまで多くの自治体のウェブサイトに携わってきたが、使いにくいサイトは、メニューにたどり着けなかったり、たどり着いても情報の過不足など問題点があるといえる。
人間関係を大切にする企業風土が根強い日本企業だが、組織における課題は欧米に近づいているともいえる。