judokitsuen

都議会議事堂側の喫煙所は相変わらずドアもなくタバコの臭いが充満しています。
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、学校や病院の敷地などを全面禁煙にして罰則付きの法制化を目指した政府の受動喫煙防止対策案が、波紋を広げている。
たばこを吸わない人が、たばこの煙で肺がんになる「受動喫煙」リスクは、日本では喫煙者の1.3倍にのぼるという研究結果が公表された。
子どもにアレルギー症状が見られることが親の喫煙と関連しているか調べられました。
イギリス議会下院は車に子供を載せているときはタバコを吸うことが禁じられる法案を可決した。イングランドが対象。違反者には約9100円の罰金が課せられる。
小学校の保健で、飲酒、薬物と並んで禁煙指導に力が入れられています。まだたばこを経験したことのない子どもたちに、どのような教育をしているのでしょうか。
参議院選挙が近づいてきました。国民の皆さんの審判を仰ぐべき争点はたくさんあります。景気と雇用、憲法改正、脱原発、TPP参加、消費増税。しかし、私は、受動喫煙防止法の制定も争点の一つに加えたいと思います。
喫煙が身体に悪いことは知られているし、受動喫煙(二次喫煙)が悪いことも知られている。だが、三次喫煙(タバコを消した後の残留物から有害物質を吸入すること)もわれわれのDNAにダメージを与える可能性のあることが、研究によって明らかになった。