juken

長引くコロナ禍でも、首都圏での中学受験熱は勢いが削がれる気配はない。ヒートアップするうちに、いつしか家庭が進学塾に、進学塾が家庭になってしまっていると塾講師歴27年の矢野耕平さんは、警鐘を鳴らします。
「教育が変わらないと…」と言ったり聞いたりすることはありませんか?でも、もしかしたら変わるべきなのは「教育」ではなく、「大人」なのかもしれません。
バンコクのインターナショナルスクールに通う高校3年生は3つの不安と闘っています。
第三者委員会は「性別や現役、浪人という属性で一律の差別的取り扱いがあったと認めざるを得ない」と調査結果について結論付けた。
「学力の診断という記述式の採点が素人にもできるというのは、医師の診断は素人にでもできると言っているのと同じである」。
現在は人気参考書など30冊が使い放題。2020年夏までに100冊まで拡充する予定
2018年度は、女性に比べて男性が約3倍合格率が高く、多浪生には性別関係なく不利になるような得点操作をしていた。