広告なのに「ほとんどの人に見えない」ってどういうこと?渋谷駅・池袋駅に現れた“メッセージ”の仕掛けとは

「電車の中で、ものすごい集中力で勉強している人を見かけて『応援したい』と思った」と企画担当者

「広告なのに、ほとんどの人は読めないってすごくないですか!?」

JR渋谷駅と池袋駅に出現した広告を、こんな言葉で関係者がSNSで紹介。多くの人々をびっくりさせました。

広告なのにほとんどの人に見えないってどういうこと?
広告なのにほとんどの人に見えないってどういうこと?
ZONe事務局提供

パッと見ただけでは何が描かれているのか分かりませんが、受験生などが勉強をする際に使う「赤シート」をかざしてみると、メッセージが浮かび上がってきます。

赤シートをかざすとメッセージが浮かび上がってくる
赤シートをかざすとメッセージが浮かび上がってくる
ZONe事務局提供

これ、実はサントリーのエナジードリンクの「ZONe ENERGY」の広告。「受験生にしか見えないメッセージ」としてデザインされています。

12月11日には2022年最後の大学受験用模擬試験、来年1月14日には大学共通テストを迎えるまさに「受験シーズン」の今、赤シートを使って勉強に追い込みをかける受験生を応援する狙いです。

ZONe ENERGY 応援広告の企画担当者は「電車で多くの人がスマホを見る中、赤シートを使ってものすごい集中力で勉強している人を見かけて『応援したい』と思ったのが、この広告を作ったきっかけです」と話しました。

メッセージには、「これを見ている君に幸あれ」「小さな積み重ねが君の才能を解放する」などの他に「努力する君には、きっと合格も見えている(河野玄斗さん)」「最後まで駆け抜けろ。自信は自分で作ればいい(ヨビノリたくみさん)」など、受験の先輩たちからのエールも。

渋谷駅に掲出された“受験生にしか見えないメッセージ”
渋谷駅に掲出された“受験生にしか見えないメッセージ”
ZONe事務局

Twitterでは、「受験生だけど、むっちゃ頑張れる!!」「ちょっと感動した。自分が受験生だった時にこれがあったら、だいぶ背中を押されてると思う」などのコメントが寄せられていました。

一方、色覚異常を抱えた受験生からとして「何も見えない」と残念がる声も上がっていました。この広告に限ったことではありませんが、ターゲットである受験生の中にもこの広告が「見えない」人もいることも忘れてはいけません。

広告の掲出は12月11日(日)まで。

ホームページへ