kagakuheiki

その実装、さらにその効果が、どのような形で出てくるのか。
「アメリカ軍などが発射したミサイルは100発以上」とロシア側が発表
トランプ氏はアサド政権軍による化学兵器使用を断定。軍事行動にはイギリス、フランス両軍も参加。
ロシアのプーチン大統領は4月11日、アメリカのシリア攻撃について、イラクが大量破壊兵器を所有する証拠が見つからないままアメリカがイラクとの戦争(2003年)に踏み切った当時の状況と似ているなどと批判した。
アメリカとロシアの緊張が高まりを見せている。
アメリカ軍の兵士たちは、今以上に命が危険に晒されるかもしれない。
ミサイル攻撃の背景や狙いはいったい何なのか。元海上自衛隊呉地方総監で金沢工業大学虎ノ門大学院教授の伊藤俊幸氏に聞いた。
「独裁者バッシャール・アル・アサドは何の罪もない市民に対し、恐ろしい化学兵器で攻撃した」
アメリカ軍がシリアの空軍基地を攻撃したことについて、ロシアのプーチン大統領が反発している。大統領報道官のペスコフ氏は、プーチン氏の考えとして「攻撃は米ロ関係を損なう」などと指摘した。
「さよなら、いとしい子供たち」
「アサド大統領は恐ろしいことをしたと思う」
「私たちはこれまで、アサド政権が国際社会を操る手口を目にしてきました」