kakusa

たった2日間の学級閉鎖で、1年分の学習の20分の1を失うことになったという。【2022年上半期回顧】
新たな報告書は「最も裕福な人々は、恥ずかしげもなく人々の痛みから利益を得ている」と強く批判しています
3月18日に開催されたウェビナー「Break the Bias #2030理想の世界 ~日本のジェンダー格差とこれからの未来〜」。世代を超えて、ジェンダーの今とこれからを話し合いました。
PRESENTED BY LVMH Perfumes&Cosmetics × Sourire
JICA海外協力隊として、日本の常識が通用しない教育現場で活動した芳岡孝将さん。世界での経験は、日本にどんな変化を起こすのだろう。
PRESENTED BY JICA
これがあなたたちが望んだ光景か━━。極寒の中、炊き出しの行列を見るたびに、政治に対する猛烈な怒りが湧き上がった。このような光景を作った政治家たちは、彼ら彼女らの苦境を見ることなどなく、年末年始、暖かい部屋で優雅に過ごしているのだろう。
「これまでどこか日本特有の問題だと思っていた自己責任論が、能力主義の観点から整理された」。対談相手として登場した小説家の平野啓一郎さんは語った。
女性学のパイオニアである上野千鶴子さんに、仕事と子育ての両立に苦しんだ男性の目線から、幸せな働き方のヒントを聞きました。