Kan

『クィア・アイ in Japan!』に出演し、性的マイノリティ当事者として発信を続けるKanさん。「キラキラしている部分」以外の自分も発信すると決めている背景には、幼少期から抱えてきた「しんどさ」との向き合いがあった。
『クィア・アイ in Japan!』に出演し、性的マイノリティ当事者として発信を続けるKanさん。イギリス人パートナーとの結婚のため、移住することを決めた。
カリフォルニア州にある葬儀サービス関連会社「Cruisin Caskets」で販売しているのは、1950年代に流行ったレッドスレッド(鉛を使ってボディをカスタマイズしたアメ車のこと。1940年~50年代に流行した)スタイルの棺。