kawasakishi

「スッキリ」の放送では、川崎市以外での事例として、担任の男性教師が個別に児童を確認し、“胸の成長“を確認できた場合のみ着用を認めるというケースも報告されている。
川崎市では在日コリアンが多く住む地域などで、ヘイトスピーチとされる街宣活動が繰り返されてきました。
新年度の月謝も振り込み済み。「娘の居場所がなくなること、私の仕事が続けられないかもしれないこと、本当に困っています」
オトナがコドモのような純粋なキモチで街づくりを楽しむ、それが「こすぎの大学」です。
「どうして、こんな活動をしているの?」と言われた時はショックだった。お金を支払ってでも活動を続けたい。
約50名の参加者が表現したアウトプットは誰一人として重複することはなく、これこそが武蔵小杉や川崎の多様性であり、可能性なんだと実感しました。
「こすぎの大学」は、武蔵小杉の魅力を再発見すると同時に価値創出につながるアイデアを共創します。
「ヘイトスピーチ解消法」施行後初の、民族差別を煽るヘイトデモは、差別に反対する人々の抗議に屈する形で中止された。
法施行後初となるヘイトデモとなるため、行政の対応が注目されていた。