kigyoka

起業のジェンダー格差が大きい日本。女性起業家を支援すべく、SK-IIが渋谷区、meeTalkと連携し官民連携のプロジェクトを発足させた。その理由とは?
SPONSORED BY SK-II
「女性起業家」と聞いて、人によっては自分とは縁遠いと感じるかもしれません。それでも、起業してみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
日本が蓄積してきた技術の素晴らしさを世界中に広めたいという使命感を持って『THE VENTURE』に挑んでいます。
イスラエルに境界を封鎖されて「天井のない監獄」とも呼ばれるパレスチナ自治区ガザ。当地の女性起業家2人が来日し、自身の取り組みについて報告をした。
ボードメンバーの孫泰蔵氏はエンデバーについて「日本のスタートアップの世界進出応援団」だと説明する。
実際に漁業やビジネスの現場が抱えている課題や、消費者のニーズを明確にすることで、より環境的・社会的なインパクトの大きい計画の策定を目指します。
「自分が家事をやるよ」と張り切ったものの…
現実世界は時には息苦しい。でも、VR端末があれば、「仮想空間」に逃げられる。そこにはイジメも、嫌な人もいない。
65万人以上がいいね!した結婚の捉え方とは…。
カンボジアでの6年はとても早く、そして濃縮還元ジュースの原液のように濃密な時間でした。
日本の子どもの自己肯定感の低さは、この国の将来に大きな不安を投げかけています。
ビジネスコンテストの優勝チーム「Green Cake」の起業アイデアは,環境にやさしく,低コストの新しい建設用ブロックの開発です。
東京・渋谷ヒカリエで11月17日(木)、18日(金)の2日間開催する「TechCrunch Tokyo 2016」だが、超早割チケットの販売期間が迫ってきた。
「彼らとは仲良くなれそうにない。考えが違うから」。「彼ら」はタンザニア人ではない。「彼ら」とは、タンザニアで、アフリカでビジネスに挑戦する日本人である。
シンガポールは世界で最も起業しやすい国のひとつと言われています。
「次のトレンドは何かという議論はあまり意味がない。それが何かと名指しできるということは、その分野がすでにはじまっていることを意味している」
ドローンやヴァーチャルリアリティなど、花盛りのイノベーション論議。だがそこに、足りないものはないか―。