kikohendo

米カリフォルニア州バークレー市が、肉や乳製品を使わないヴィーガン食を市営施設や行事で提供する方針を決めた。
毎年のように「史上最大」の山火事が発生しているアメリカ。全米省庁合同火災センターによると、すでに東京23区の2倍以上の面積にあたる1400平方キロが燃えた。
「私は今、変わっています」ーー。“ステーキ発言“から約2年、今何を思うのか?小泉進次郎氏に聞いた。
当時大学2年生だった髙橋大輝さんが、なぜみずほFG株主総会に出席し、気候危機対策に関する疑問を経営陣にぶつけるに至ったのか。当時の思いとその後について聞いた。
グレタ・トゥーンベリさんが発起人となった「Fridays For Future」の日本版で2年前から活動し、現在アメリカの大学で環境文学や平和学について学んでいる私が、ここで知った「環境正義」「気候正義」という言葉の意味を、説明してみたい。
SDGsによって、多くの企業や働く人にとって、気候危機などの環境問題が「自分ごと」になりつつある。ただ、もしかしたらそれは不十分なのかもしれない。それは「塩と水しか口にしない」ほど切実なことだということを、小野さんとeriさんのアクションは、私たちに突きつけている。
SDGs達成度ランキングで上位に位置するデンマークで、持続可能な成長に向けた様々な取り組みを行っているカールスバーグ社。日本でも有名なビールメーカーがどのような姿勢でSDGsの達成に向けて動いているのか、紹介してみたい。
牛肉レシピの掲載取りやめは、実際には1年前に予告なしで行われていたもの。なぜ今になって、大々的に発表したのでしょうか?
日本政府に対し、2030年までの温室効果ガス排出量の削減目標を「62%」とするよう、大幅な引き上げを求めている。
「私たちは世界を楽しませることを目指しています。しかし、そのためには居住可能な世界が必要です」