koko

2022年4月から高校の家庭科で「資産形成」の内容が必修に。実際のところ、教科書はどう変わり、金融教育は充実したのか?金融教育活動家の横川楓さんの解説です。
日本語が母語でない高校生らの中退が相次いでいる。国は対策として、高校で日本語を学びやすくするための新しい制度を始めるが、現場に浸透するかどうかは不透明だ
「卒業を前に彼らは戦争を経験し、それにより卒業式も、卒業ダンスパーティーも、何もかもが壊されてしまった」と撮影した写真家は語る。
4月から高校の新しい学習指導要領が実施され、お金にまつわる知識を身につける「金融教育」が拡充されることになりました。一体どう変わる?何が教えられる?なぜ変わる?解説します。
6月にはコロナで中止となった修学旅行の代わりに、3日連続で校外学習に取り組んだ。
【政策起業ケーススタディ第5回】UWC ISAKジャパン代表理事の小林りんさんが語る「教育と政策起業」。
長野県軽井沢町に2014年に誕生した、社会を変革する若者を育成する学校「UWC ISAK」。ファウンダーの一人で代表理事の小林りんさんが語った「最初の一歩」の踏み出し方。
今夏、甲子園球場で高校女子の選手権大会決勝が開催されることになった。
体育系部活動で、県内31例目となるクラスター(感染者集団)だ。
4月下旬に発症した感染者11人からは、感染力が強いとされる変異株「N501Y」が検出された。