komeito

議席返上など巷間話題になっている事柄ではない。結いの党が結党されたことを受け、今だからこそ考えておきたい最も重要な政策について思ったことを記してみたい。
カジノ解禁に向けた推進法案が超党派の議員連盟によってまとめられ、日本で合法的なカジノ運営が現実味を帯びてきた。自民党は日本維新の会などと共同で12月6日の今国会会期末までの提出をめざすが、公明党が慎重な姿勢を強めて...
1人1万円以上の飲食に対して課税する「高額飲食税」を、政府・自民党が検討していることがわかった。なぜ今、高額飲食税の案が自民党から出てきたのか。その背景にあるものとは何か?
自民、公明両与党は20日、特定秘密保護法案をめぐり日本維新の会との修正協議で合意した。秘密指定ができる行政機関の絞り込みなどを主張する維新側と折り合った。一方で、与党は民主党との協議では、民主の対案に反論。与党が民主案に譲歩する可能性は少ない。
自民・公明両党は30日、与党軽減税率制度調査委員会を開き、消費税率を10%に引き上げた時点で生活必需品などの消費税率を低く抑える軽減税率導入の是非について議論を再開した。業界団体からのヒアリングをこの日で終え、来週中に7回にわたった意見聴取を踏まえ課題を整理する。両党は12月中の税制改正大綱策定までに結論を得るとしており、残された時間で軽減税率導入による社会保障財源の減収分をどう補てんするか、といった課題を整理する必要がある。
安倍政権は臨時国会に提出する特定秘密保護法案について、「知る権利」への配慮を明記する方針を固めた。週明けからの与党間調整を経て、速やかに法案を提出したい考え。公明党の修正要求に応じたことで、法案成立の見通しが強まってきた。
昨年8月、民主党が自民・公明両党と同意して消費増税法が成立した。現在、5%の消費税率が2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げられる予定だ...
7月4日公示、28日に投開票の参院選挙を控え、各政党の党首による「ネット党首討論会」が28日夜、東京・六本木の「ニコファーレ」で開かれる。討論会の模様は19時半から「ニコニコ生放送」で生中継される...
インターネット選挙を使った選挙活動が解禁となる7月の参院選に向け、ツイッター社は21日、各政党の公式アカウントがすべて認証されたと発表した...