komeito

飯島勲内閣官房参与が、公明党と創価学会の関係を、従来は憲法の「政教分離原則に反しない」としてきた政府見解が、今後変更される可能性があることに言及した。
安保法制懇メンバーの岡崎久彦氏に続き、今回は元防衛官僚で、第一次安倍政権では安全保障担当の内閣官房副長官補を務めた柳澤協二氏に、集団的自衛権の行使容認についてご意見を伺いました。
政府・自民党は19日、自衛隊が武力を使って他国を守る集団的自衛権に関する法案の国会審議を、来年春の統一地方選挙以降に先送りする方針を固めた。20日から与党協議を始めるにあたり、公明党に配慮を見せる狙いがあるが、公明党は集団的自衛権行使容認への反対を崩していない。
菅義偉官房長官は27日午後の会見で、茂木敏充経済産業相がこの日の衆議院予算委員会で将来的な原発依存度を東日本大震災前の3割より引き下げると述べたことについて、「当然のことを言われた」と語った。
2014年2月9日に執行されました東京都知事選挙では舛添要一氏が211万票余りを獲得し当選をしました。この選挙では投票日前日に雪が降り投票率が低下することが予想されました。投票率が低下すると現職、組織を有する候補者に有利に働く傾向があります。
橋下徹・大阪市長が2月1日、大阪維新の会全体会合で大阪市長を辞任する意向を表明した大阪都構想をめぐる公明党との駆け引きで、議論がストップしてしまったことが原因とみられる。
朝日新聞の伝えるところでは、公明代表、集団的自衛権議論を牽制「まず経済再生を」との事である。背景として下記3点が想像されるものの、率直にいってこの発言の真意が良く分らないのは事実である。
安倍首相の靖国参拝に対して公明党の山口那津男代表は2日、安倍首相は関係各国の厳しい声に、謙虚に耳を傾けるべきだとの考えを示した。山口代表はまず、中国のことばを引用して、能力の高い馬は鞭で打たれなくとも、歩むべき道を進むことができるとし、国民や国際社会の声に謙虚に応えるのが与党だと切り出した。
議席返上など巷間話題になっている事柄ではない。結いの党が結党されたことを受け、今だからこそ考えておきたい最も重要な政策について思ったことを記してみたい。
カジノ解禁に向けた推進法案が超党派の議員連盟によってまとめられ、日本で合法的なカジノ運営が現実味を帯びてきた。自民党は日本維新の会などと共同で12月6日の今国会会期末までの提出をめざすが、公明党が慎重な姿勢を強めて...