korin-kyapanikku

国歌斉唱での起立を拒否したコリン・キャパニック氏だけじゃない。声をあげたアスリートの闘いを振り返る。
選手の声に耳を傾けたいと述べるも、コリン・キャパニック氏についてのコメントはありませんでした
「正直言うと、フットボールに専念したかった」
「国旗なんて布きれにすぎない」
ケリーHCが先発させることを本人に伝えると……。
「抗議する権利」とは日本語で耳慣れない言葉ですが、国際法では「表現の自由」の権利の一部と認識されています。
コリン・キャパニック(28)が、人種の不平等などを訴えて国歌斉唱を拒否した直後、NFLの選手たちは、政治と無関係ではいられなかった。
72%の黒人がキャパニックの抗議に賛成する一方、反対派はわずか19%だ。
スポーツ界では多くの選手が抗議の意思を表明してきました。
「議論し、どのようにして民主的なプロセスに参加できるのかをじっくり考えてほしい」
この行動は、批判と賞賛を呼んだ。