koshokusenkyoho

10政党ウェブサイト、ウェブアクセシビリティに関するJIS規格への対応状況について検証したら…
統一地方選挙後半戦がスタートした。このところ低投票率が問題になっているが、地域の未来のために、できる限り多くの有権者は投票に出向くように期待する。しかし、一方に投票ができない、参政権が制限されている人々がいることも忘れてはならない。
 選挙では、お金や物の量の差で勝敗が決まらないよう、様々な制限が設けられています。そのルールを定めるのが、1950年に制定された「公職選挙法」という法律です。学校のテストや受験で出題されるかも知れない乗り物やお金、道具、選挙運動に関するルールを読み解いてみました。
国会審議も正常に復し、審議が少しずつ進んでいます。今国会は「地方創生国会」のはずであったのが、いつの間にか「政治とカネ」国会の様相を呈していますが、野党側にもさまざまな問題が発覚し、さながら消耗戦のようにもなりつつあります。
自民党選挙対策委員会副委員長の山口泰明衆院議員が自身の選挙区で、名前入りのうちわや靴べら、爪切り、タオルなどを配布していた可能性がある。
衆院憲法審議会は5月8日午後、憲法改正手続きを確定させる国民投票法の改正案を賛成多数で可決した。9日の本会議で可決され、参院に送付される見通し。今国会での成立は確実な情勢だ。
みんなの党の渡辺喜美代表が、化粧品大手ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長から計8億円を借り入れていた問題で、党幹部からは辞任要求が噴出する中、渡辺氏は4月1日、国会内で開かれた党役員会を「体調不良」を理由に欠席した。その代わりに渡辺氏は役員に文書を配布。「法的には何の問題もない」と主張し代表続投に意欲を示したという。
情報通信政策フォーラム電子行政研究会では、3月26日に「東京都知事選挙におけるインターネット選挙運動の検証」と題するセミナーを開催した。当日の講演・討論は都知事選挙の外にも及び、いくつかの共通理解が得られた。
猪瀬直樹前東京都知事が医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題で、東京地検特捜部は3月28日、猪瀬氏を公職選挙法違反(収支報告書の虚偽記載)の罪で略式起訴した。
化粧品販売会社DHC(東京)の吉田嘉明会長が、みんなの党の渡辺喜美代表に対し、2010年の参院選前に、選挙資金として3億円、2012年の衆院選前にも5億円の合計8億円を渡辺代表の個人口座に振り込んで貸し付け、そのうち約5億4900万円が未返済だと明らかにしたことに関して、渡辺代表について、公職選挙法(公選法)違反、政治資金規正法違反が成立するのではないかが問題にされている。