kozui

7月7日。元サッカー日本代表・巻誠一郎は、豪雨による洪水の被害にあった熊本県人吉市に入った。そこで見たものとは。
埼玉県東松山市のほか、坂戸市、川島町で浸水被害の恐れがある。
インドでは、地域に雨を降らせるために、ヒンドゥー教の雨の神様が喜ぶとされているカエルの結婚式が行われる風習がある。
「インディ・ジョーンズ」や「トランスフォーマー」の撮影地にもなったことがある
西アフリカのシエラレオネで8月14日、大雨の影響で洪水や地滑りが起きた。これまでに300人以上が死亡した可能性があると、テレグラフ紙などが報じた。
北朝鮮の核、ミサイル問題も中朝国境沿線の緊張を高めている。
洪水や土砂災害の恐れがある地域に立地する高齢者施設などに、避難計画の作成・避難訓練の実施を義務付けることを柱とした改正水防法などが成立した。
被災状況を自分の目で確認し、改めて国際社会の関心と支援を促すために北朝鮮行きを決断した。
中国内陸部を中心に、6月から続く大雨によって洪水や土砂崩れが相次いでいる。