kusuri

産後うつの治療にはこれまで、効き目が出るまで数週間かかる標準的な抗うつ薬、心理療法、あるいは即効性があり効果的だが医療施設で60時間かけての投与が必要なブレキサノロンという注射が使われてきた。
約40%の女性が生理休暇制度などのサポートは進んでいると答えた一方で、利用したことがある人は3.4%にとどまる。
PRESENTED BY 第一三共ヘルスケア
2021年10月1日、米メルク社は開発中のコロナ治療薬「モルヌピラビル」の使用によって、軽度から中等度の新型コロナ患者の入院リスクがほぼ半分に下がったことを発表。もし緊急承認されれば、世界初の「飲めるコロナ治療薬」となります。
「死んでいたかもしれない」。岐阜県高山市の建設会社員の男性が、薬を飲んだ日をふり返る。
調剤薬局大手の広報担当者は「薬品の濃度が足りないといった製造ミスはたまにあるが、睡眠導入剤が混入するという重大な事例は例がない」と話した。
痛みに悩む皆さんを代表して、夏生さえりさんが「鎮痛薬のプロ」に聞きました。
PRESENTED BY 第一三共ヘルスケア
医師会によると、県内の複数の病院が各病院の倫理委員会の審査を経て、主に中等症や重症の患者にアビガンを投与し、効果を示す結果が出ていたという。
足柄上病院などのチームは、患者3人にぜんそくの吸入薬を投与し、1人は既に退院。報告書では「重症肺炎への進展防止効果が期待される」との評価がなされている。
堤下さんが会見でコメントしていたように「ネットで調べた情報を鵜呑みにし、自己判断で服用してしまったこと」が今回の問題の要因であることは間違いありません。