kyoseiseikotozai

「被害者が同意していないにもかかわらず性的行為を行う」ことを処罰するために、どのように刑法を改正するべきなのでしょうか。法務省の法制審議会で進んでいる議論について、3つのポイントを解説します。
グルーミングを処罰する規定や、公訴時効の見直しといった論点も議論される見通し。
暴行脅迫の要件撤廃は?性交同意年齢の引き上げは?性暴力の被害の実態に見合った刑法となるよう、改正を検討する議論が始まった。
有罪のハードルを高くしている「暴行・脅迫」要件の撤廃を求めた改正案も提案されました。
弁護側は、強制性交罪の要件である暴行脅迫は用いておらず、同罪は成立しないとして、改めて無罪を訴えた。
この裁判は、性犯罪を司法がどう取り扱うのか、その変化を捉える重要な事例になるだろう。性犯罪被害者側の弁護士として活動しているらめーんさんはそう指摘する。
2月1日、新井浩文容疑者が30代の女性を乱暴した疑いで逮捕されたと報道されました
弁護士との接見で面会室に入室後、行方不明になりました。
教諭は「弁護士が来るまで答えません」と供述しているという