maikurosofuto

Microsoftはスティーブ・バルマー氏の後任の新CEOにサトヤ・ナデラ氏を任命したと公式に発表した。サトヤ・ナデラ氏とはどのような人物なのか。
エフゲニー・モロゾフ氏の「すべてを解決するには、ここをクリックしてください -テクノロジー、解決主義、存在しない問題を解決しようとする欲望」から、抜粋を紹介してきた。今回が最終回となる。「私たちの敵は、テクノロジーの世界に住む、ロマンチックで革命的な問題解決者だ」という。
マイクロソフトは、2013年に人を導き、啓蒙し、耐え抜いた女性を讃える、見る者が自分を誇りに思えるような心を鼓舞する動画をつくった。
平日の24日・25日は年末の諸業務で残業確定という方も多いと思いますが、皆様メリークリスマス。というわけで、12月後半はクリスマスシーズンということもあり、日本でもなぜかチャリティー・シーズンと化していると思われる昨今です。せっかくクリスマスのなので、日本の寄付動向について一度振り返ってみましょう。
クリスマスシーズン恒例の「サンタの追跡」が始まった。今年も、マイクロソフトとグーグルの両方の追跡サイトが楽しめる。
12月2日、「なぜプログラミングが必要なのか?」と題したシンポジウムが東京・秋葉原で開催される。主催は角川アスキー総研。入場料は無料。定員は200名。申し込み締め切りは11月29日
FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグは、インターネットに未だアクセスしていない世界中の50億人をネットに繋げることを目標に掲げた新たなプロジェクト「Internet.org」の立ち上げに際して、今年8月にこう言っていた。「世界をつなげるというのは、我々の世代の最も素晴らしい挑戦の1つだ」
カナダのスマートフォンメーカーで、かつてスマートフォンの巨人だったブラックベリーが身売りをめぐる混乱の末、ソーステン・ハインズCEO(最高経営責任者)が退任する。ハフィントンポストUK版が伝えた。
ハフィントンポスト各国版11月3日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏が、Facebook創業者マーク・ザッカーバーグ氏の「世界中をインターネットでつなげる」構想に対して、「冗談でしょう」と一蹴しています。
マーケティング担当者の半分以上がデジタル技術を使った戦略に自信がないー。コンピューターソフトの会社アドビシステムズによる最近の調査がそう伝えている。ソフトウェアをもっと販売したがっている「アドビ社が手がけた調査だから、そんな結果が出るのだろう」といってしまうのは早計だ。