manenboshitojutensochi

新型コロナウイルス感染再拡大を受け、首都圏4都県や東海3県など13都県で1月21日からまん防(まん延防止等重点措置)が適用され、対象地域が16都県に広がります。要点をまとめました。
お酒の提供ルールや営業時間、人数制限など、東京都の要請内容をまとめました。
オミクロン株は従来株より感染力が強く、自治体などからは重点措置の効果を疑問視する声が上がっています。
新型コロナウイルス感染再拡大を受け、沖縄、山口、広島の3県で適用が決定。対象地域や飲食店対策、罰則など「まん延防止等重点措置」の内容をまとめた。
東京都でも、酒類提供の自粛要請が緩和されます。「2人以内で90分まで」などのルールや、「感染防止徹底宣言ステッカーを店舗に掲示している」などの条件が定められています。どんな対応が必要なのでしょうか。
東京、大阪など9都道府県は「緊急事態宣言」が解除され、うち7都道府県は「まん延防止等重点措置」に移行する見通し。対象地域や罰則などの内容をまとめた。
東京都では、23区と6市が「まん防」の適用区域となります。