marifana

法案では、21歳以上が大麻を購入できる。自宅での個人消費目的の栽培も許可される。
人権、医療、政治問題... アメリカのマリファナ合法化までの歴史を紐解く一冊となっている。
「学生たちが大学の授業料を払えるよう支援するための方法を新たに見つけることが、このコミュニティにとって重要なんです」
「全世界の武力紛争を束にしても、これほど危険なものはない」
マイクロソフトは6月16日、大麻取引の監視システムを開発する「カインド・フィナンシャル」と提携すると発表した。
プルマンにあるワシントン州立大学の化学者たちは、ドライバーがマリファナを吸引しているかを検知できる"麻薬呼気検知器"の開発に取り組んでいる。
2014年7月8日に嗜好用マリファナの使用と認可店での販売を合法化したワシントン州で、この1年での収益がまとめられた。その報告書から、少なくとも収益の面ではマリファナが良い結果を残していることが分かる。