mausu

今回A Hubermanたちは、知覚した視覚的脅威への反応として行動決定をするのに必要な神経回路を解き明かした。
マウスの行動実験の再現性に関して疑問も投げかけている。
ヒトの疾患に腸内微生物相が役割を果たすことは、広く認められつつある。
岡山理科大などの研究グループが、胃薬として使われている「テプレノン」を飲むことでうつ病のような症状が改善することをマウスの実験で突き止めたと発表した。
CRISPR-Cas9技術を使った遺伝子編集によって、生きたマウスからHIVのDNAを除去することに成功した
中内啓光たちは今回、膵島細胞の移植の代わりに、膵臓を作り出せないラットの胚にマウスの多能性幹細胞を注入した。
J Maîtreたちは、生物物理学的な計測やモデリング、収縮要素の遺伝学的および実験的操作を組み合わせて、マウス初期胚における内部細胞塊の形成を解析した。
マウスは存在していましたが、まだ今ほど便利で優れたツールではありませんでした。
会議に出た際に「あ、この人きっと要領悪いな」と思う瞬間がある。
歳をとればとるほど、かっこいいなと思うのは、新しいものが好きで、そういうものをいつもワクワク楽しんでいる人たちだ。
血管が乏しい臓器である網膜では、血管の進入が排除される仕組みがあることを、慶應義塾大学医学部の久保田義顕(くぼた よしあき)准教授らが初めて解明した。
大阪大などの研究グループは5月19日、脳梗塞を発症したときに脳細胞の損傷範囲が広がるのを抑えるたんぱく質をマウスを使った実験で突き止めたと発表した。論文は近く、アメリカ科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
慢性的睡眠不足は脳に対して、これまで考えられていたよりも長期的な影響を及ぼすおそれのあることが、マウスを使った新たな研究で明らかになった。
市場経済には、人々を「悪事」に向かわせる力がある――これは、今年5月に経済学者たちが行った、ある実験の結論だ。暗い気持ちになる結論だが、悲しいことにさほどショックは受けない。
コンピュータのマウスを考案したアメリカを代表する発明家、ダグラス・エンゲルバート(Douglas Engelbart)が腎臓病のため昨夜(米国時間7/2)、亡くなった。88歳だった…