meishusho

自身の掲げたEU離脱案の支持が得られず、政権幹部が辞任するなど、自身への辞任要求が高まっていた。
イギリスのメイ首相は動画メッセージ、オーストラリアのモリソン首相は連投でニュージーランドやムスリムコミュニティーへの連帯の姿勢を示しました。
批判という言葉は、なぜ「ネガティブ」なのか。
今回若者の投票率が高かったのは、EU離脱が決まった昨年の国民投票の教訓が活かされた点も大きい。