mitsubishikokuki

国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行した11月11日、機体を開発した三菱飛行機が、名古屋市内で記者会見を開いた。
国産初のジェット旅客機「MRJ」の初飛行の模様が、11月11日午前からネット中継される。
国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の初飛行日が、11月11日に決定した。
国産初のジェット旅客機「MRJ」の飛行用初号機が完成したことを記念して、10月18日にロールアウト式典が開かれた。MRJの完成機がメディアに公開されるのは初めて。MRJの初飛行は、2015年4〜6月を予定している。
国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」を、日本航空(JAL)が32機発注する方針を固めた。発注額は定価だと約1500億円になる。2021年から国内線で投入し、離島を除く地方路線で活用する考えだ。
三菱航空機は6月17日、日本初となるジェット旅客機「MRJ」初号機の主翼と胴体をつなぐ「翼胴結合」を終えたと発表した。