musurimu

あるムスリムの女性がインターネット上で攻撃をしかけてくる「荒らし」を、ポジティブな力に変えて話題になっている。
聖地メッカではカメラ撮影が厳しく禁止されているにもかかわらず、シャルマは2011年に大巡礼の様子を撮影した。彼はさらにゲイだと公開しているのだが、これはサウジでは死罪にあたる。
富豪を観光客として呼べるようにするのは、有効なインバウンドの施策になる。
世界のどこにいるかによって、断食の時間は大きな差がある。
過激派組織ダーイシュ(イスラム国)指導者のアブバクル・バグダディ容疑者とみられる音声メッセージが5月14日ネット上で公開され、世界中のイスラム教徒に対し、ダーイシュへの移住と武装蜂起を呼びかけた。
13日夜、NHKが方針転換し、14日朝のNHKニュースでは「イスラム国という名称を使わない」と明言しました!
イスラームの創始者ムハンマドの風刺画をめぐって論争がつづいています。日本のメディアのあいだでも、「私はシャルリー」のカードを掲げて涙を流すムハンマドを描いた雑誌の表紙を掲載するかどうかで判断が分かれました。
ムハンマドの風刺画を掲載したフランスの出版社シャルリー・エブドがイスラーム原理主義の過激組織アルカーイダの指示を受けたテロリストによって襲撃され、雑誌編集長や警官を含む12名が死亡した事件は世界じゅうに衝撃を与えました。
国内最大級のモスクである東京ジャーミィにアポイントを取って訪問することができました。
中央アフリカ共和国を流血の動乱に追いやった反乱から2年が経つ。ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日、2014年に中央アフリカ共和国で行った複数の調査ミッションに基づくマルチメディア記事を公開した。
大統領選出から2年が経った時、世界初の女性ムスリムの首相ベナジル・ブットは、ある情報をつかんだ。オサマ・ビン・ラディンと呼ばれる男が彼女を殺害するよう命じたという情報である。
京都渋谷区の代々木上原駅近くに、日本国内最大のモスク「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」がある。日本に住む様々な国のイスラム教徒が訪れ、集団礼拝のある金曜日には500人ほどが集まる。ここで広報を担当している下山茂さん(65)は数少ない日本人ムスリムだ。27歳で入信し、以来、イスラム教への正しい理解を求めて活動を続けている。
ここ数年インドネシアではヒジャブをオシャレに着こなす、いわば「ヒジャブ女子」が急増しており、なんだかスゴイことになっているらしいというので、ホントのところをインドネシア留学生に聞いてみた。
中央アフリカ共和国北部では、ムスリム武装勢力により犯された多くの人権侵害の報復として、キリスト教徒民兵がムスリム住民の虐殺を行っている、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書で述べた。
千葉市の熊谷俊人市長が、千葉市にムスリム(イスラム教徒)街を設置したいとする考えを示した。
以前にもハフィントンポストにおいて取り上げたハラールだが、マスコミに取り上げられる機会が増えるなど一段と関心が高まっている。都道府県議会においても、ハラールは私が昨年6月に質問して以来、議論されるのは千葉県だけだったのが、他の議会でも取り上げられるようになった。