nagareboshi

4月22日夜から23日早朝にかけては広く晴れ、流れ星を観察するには好条件と言えそうだ。
見られる流星の数は、最大で1時間あたり30個程度と予想されている。
放射点が高く昇る今夜から明日23日(木)の明け方にかけてが観測のチャンスです。
西日本の太平洋側の地域ほど観測のチャンスがあります
世界初『人工流れ星』の実現を目指すALEが、宇宙の謎の解明に向けて、新たな一歩を踏み出す。COO藤田智明さんが事業構想を語った。
PRESENTED BY エン・ジャパン
2018年は条件が良く、最多で1時間に40個の流れ星が見られるかも。
撮影者のKAGAYAさん「1時間あたり30個ほどの流れ星を見ることができました」
できるだけ、明かりの少ない場所を選び、できるだけ空の広い範囲を見ると良いでしょう。
「ドーンという大きな衝撃音が聞こえ、ビルが揺れた」
三大流星群のひとつ「しぶんぎ座流星群」が1月3日深夜から4日未明にかけて、日本各地で観測された。音楽プロデューサーの浅倉大介も「ゲットー!☆彡」の言葉とともに、流星群の流れ星の写真をTwitterに投稿した。