nancho

ニルヴァーナの元ドラマー、現在はフー・ファイターズで活躍するデイヴ・グロールは、長年の音楽活動で聴力が低下しつつあるという。巨大な音響にさらされ、聴覚機能に問題を抱える音楽家は少なくない。
「しゅわハウス」は、「聴者とろう者、難聴者が生活をともにする」というコンセプトを打ち出す珍しいシェアハウスだ。オーナーの伊澤英雄さんと住人でろう者の藤原宏樹さんに話を聞いた。
イギル・ボラさんと筆者は、ともにCODAをテーマにした本を出版している。「CODAとして体験してきたつらい過去を伝えていくこと」の意味と葛藤について、ボラさんに尋ねてみたかった。
CODAのぼくは、ろう者への偏見や差別を憎んでいる。けれど、そんなぼくにも、ろう者に対して「やさしい差別」をしていると痛感した日があったのだ。
耳の聴こえない両親を持つぼくは、ひとつのnoteに出会った。そこには難聴という診断を受けた息子への思いが綴られていた。
石原会長は「こんなにうまくいった例はなかなかない」と評価している。
聴覚に障がいがあっても、自分らしく生きられる社会に
PRESENTED BY NTTドコモ
「障がいを持つ人にこそ、社会を変える力がある」
PRESENTED BY NTTドコモ
遺伝性難聴に適用できる治療選択肢は限られている。
論文では、仮に難聴になる人を完全に無くせたとしたら、認知症を今より9%も減らせると指摘しました。