Netflix

海賊版を購入した高校生は無期懲役。担任教師らは解雇され、炭鉱か農村部に追放される見込みだという。
ゾロ役の新田真剣佑さんらのキャストに「彼らこそ“麦わらの一味“になりうる人達です!! 」と太鼓判を押しました。
【加藤藍子のコレを推したい、第13回】全世界で大ヒットしている『イカゲーム』。理不尽で殺伐とした「外の世界」みたいな異空間で、主人公ギフンの周りはいつだって少し温かい。
トランスジェンダー当事者の従業員やアライが結束し、Netflixに改善を求めています
問題の発言があったのは、デイヴ・シャペル氏が出演するコメディ番組。Netflix従業員によるボイコットも計画されています
Netflixドラマ『セックス・エデュケーション』シーズン3がついに配信。自称フェミニストの新校長やノンバイナリーの同級生、あるサイトとの出合いによって心の傷を受け入れていくエイミー…。はましゃかさんが思う存分語ります。
「ノーはノーであり、『たぶん』もノー。たった一つ、絶対的なイエスだけがイエス」。Netflixの人気ドラマでエイミー役を演じた俳優が、インティマシー・コーディネーターから教わったこと。
Netflixで面白いと話題の『イカゲーム』。一気見してしまうこと間違いなしのドラマです。作品の魅力やキャストを紹介します。
「数千万人もの視聴者の前で業績を台無しにされた」として、少なくとも500万ドル(約5億5000万円)の損害賠償を求めているという。
ネットフリックスで配信中の韓国ドラマや、海外ドラマファンの間で話題の作品など、厳選して紹介します。
『クィア・アイ in Japan!』に出演し、性的マイノリティ当事者として発信を続けるKanさん。「キラキラしている部分」以外の自分も発信すると決めている背景には、幼少期から抱えてきた「しんどさ」との向き合いがあった。
『クィア・アイ in Japan!』に出演し、性的マイノリティ当事者として発信を続けるKanさん。イギリス人パートナーとの結婚のため、移住することを決めた。
【加藤藍子のコレを推したい、第9回】『ナビレラ ―それでも蝶は舞う―』が想定外だったのは、本作が「自分なりに楽しく」踊る意義という以上のメッセージを携えていたことだ。
日本のエンタテインメント業界の現場が抱えている課題とは? なぜ、「リスペクト・トレーニング」が必要なのか? Netflixプロダクション・マネジメント部門 小沢偵二さんと対談しました。
#metoo以降、ハリウッドでもハラスメントに関連したトレーニングが盛んだが、全世界で100か所以上ある制作現場に導入するのはNetflixが初めてだ。「リスペクト・トレーニング」が目指すものとは? プロダクション・マネジメント部門の小沢禎二さんに話を聞いた。
監督は『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』などで知られるアメリカのアニメーター、シャノン・ティンドル氏が務める。
アマプラやネットフリックスで配信中の映画・ドラマ・アニメから厳選。韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』、アカデミー賞受賞作品『サウンド・オブ・メタル』など、ゴールデンウィークに見ておきたい作品は?
「ガンダム」シリーズが実写映画化。楽しみです!
「私たちは世界を楽しませることを目指しています。しかし、そのためには居住可能な世界が必要です」
Netflixオリジナル『クィア・アイ in Japan!』に出演し、アクティビストとしても活動するKanさんと固定観念に縛られない社会の実現について考えます。